<< 喉元過ぎれば・・・     ロイヤルミルクティー色の >>