<< 思い起こせば昨年の夏     日本経済を考える >>